メニュー

食道がん

食道がんとは

食道がんとは、文字通り食道粘膜に発生する癌のことであり、扁平上皮癌呼ばれるタイプの癌が多いです。

食道の粘膜壁は内側から外側に向かって、粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、固有筋層という構成になっており、癌が進行するに連れて深く組織を蝕んでいきます。

初期の食道がんでは症状が現れることはありませんが、進行がんになると喉の違和感や胸の痛み、食事がつかえる感覚といった症状が現れます。

食道がんの原因

食道がんのリスク因子には、喫煙と飲酒が挙げられます。特に「フラッシャー(お酒を飲むと顔が赤くなる)」の方は注意が必要です。

アセトアルデヒドというアルコールの代謝産物が食道がんの大きなリスク因子であることが分かっていますが、フラッシャーの方はこのアセトアルデヒド濃度が非常に高くなります。

そのため、「自分はお酒を飲むと顔が赤くなる」という自覚がある方は、できる限り飲酒を避けることをお勧めします。

当院の胃カメラ検査

食道がんは、早期発見・早期治療を行うことが非常に重要です。自分が食道がんになっているかどうかを正確に判断するためには、定期的な検診の受診が必要となります。

当院では胃カメラ検査による患者さんの負担をできる限り軽減できるよう、様々な工夫を行っています。胃カメラ検査を受けることを検討されている方は、下記リンクより詳細をご確認下さい。

当院の胃カメラ検査の詳細はコチラ

予約はコチラ

当院では24時間web予約に対応しています。診察を希望される方は、こちらから予約をお取りいただけますとスムーズに受診をしていただくことが可能です。

診察の予約はコチラ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME