メニュー

血便・下血

下記の症状でお困りではないですか?

  • 便に血が混ざっている
  • トイレットペーパーに血が付着していた
  • お腹が痛い
  • 便に白い粘膜が絡まっている
  • 便秘や下痢を長期間繰り返している
  • 排便後の便器が真っ赤だった

このような症状が継続している場合には、消化器疾患に罹患している可能性があります。血便や下血は疾患に罹患していることを知らせるサインでもあるため、心当たりがあればすぐに病院を受診しましょう。

血便・下血から考えられる疾患

血便や下血があった際には、下記の疾患に罹患している可能性があります。

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 大腸炎
  • 大腸憩室出血
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 感染性大腸炎
  • 虚血性大腸炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍   
  • 内痔核

※上記疾患はあくまでも考えられる一例です。

これらの疾患の中でも、特に注意が必要なのが<大腸がん>です。大腸がんは発見が遅れれば命の危険もある恐ろしい病気です。

また、潰瘍性大腸炎クローン病は厚生労働省から難病指定を受けている重大な疾患であるため、血便や下血を軽視することは非常に危険です必ず病院で検査を受けるようにしましょう。

血便の種類と特徴

血便には様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。自分の便の様子を確認し、病院を受診した際に特徴を伝えられるようにしましょう。

パターン① 鮮血便 真っ赤な鮮血が伴う便

罹患している可能性がある疾患名:大腸がん・大腸ポリープ・痔 など

パターン② 暗赤色便 赤色と黒色が混ざった色をしている赤黒い便

罹患している可能性がある疾患名:大腸憩室出血・大腸炎 など

パターン③ 黒色便 錆びた鉄のような色をしている黒い便

罹患している可能性がある疾患名:胃潰瘍・十二指腸潰瘍 など

パターン④ 粘血便 白い粘液と血液が絡まっている便

罹患している可能性がある疾患名:潰瘍性大腸炎・クローン病 など

血便・下血はすぐに病院に行きましょう

上述のように、血便や下血は体の異常を知らせるサインです。重大な疾患に罹患している可能性もあるため、できる限り早く病院に行きましょう。当院では、血便や下血の診療にも力を入れて取り組んでいます。「自分は病気かもしれない」という不安な気持ちを解消するためにも、まずは一度お気軽にご相談下さい。

当院の大腸カメラ検査

血便や下血によってどのような疾患に罹患しているかを判断するためには、大腸カメラ検査が必要不可欠となります。当院では大腸カメラ検査による患者さんの負担をできる限り軽減できるよう、様々な工夫を行っています。大腸カメラ検査を受けることを検討されている方は、下記リンクより詳細をご確認下さい。

当院の大腸カメラ検査の詳細はコチラ

予約はコチラ

当院では24時間web予約に対応しています。診察を希望される方は、こちらから予約をお取りいただけますとスムーズに受診をしていただくことが可能です。

診察の予約はコチラ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME