メニュー

胸やけ

下記のような症状でお困りではありませんか?

  • 胸やけがする
  • 酸っぱいものが上がってくる
  • 胸に違和感や不快感がある
  • 咳が続いている
  • 寝起きに口の中が気持ち悪い
  • 胃が張っている感じがする
  • みぞおち辺りが痛い
  • 頻繁にげっぷが出る

このような症状が該当する場合には、<逆流性食道炎>という疾患を患っている可能性があります。下記に逆流性食道炎について解説します。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、何らかに異常によって胃酸が逆流することで、様々な症状を引き起こす疾患です。胃の機能が正常に保たれていれば本来胃酸が逆流することはありませんが、胃の運動機能低下や胃酸の過剰分泌、逆流防止機構の破綻などによって胃酸の逆流が生じます。

逆流性食道炎の原因

上述の通り、胃酸がそのものが逆流する原因としては下記が挙げられます。

  • 胃の運動機能低下
  • 胃酸の過剰分泌
  • 逆流防止機構の破綻

ですが、これらの異常は突発的に起こるものではありません。生活習慣の乱れや極度のストレスなどにより引き起こされます。逆流性食道炎は生活環境に大きく関与しているとされているため、自身の生活をしっかりと見直す必要があります。

 

逆流性食道炎の治療方法

逆流性食道炎の治療では、主に<薬物治療>と<生活習慣改善>の2つを行います。

<薬物治療>

胃の運動機能を回復させる薬や、胃酸の分泌を抑制する薬が主に用いられます。また、胃酸逆流の原因としてストレスが大きく影響していると判断された場合には、ストレスを軽減するための薬を使用することもあります。どのような薬を使用するかは、各患者さんの状態を把握した上で判断を行います。

<生活習慣の改善>

胃に負担の掛からない食事を心がけ、十分な睡眠と適度な運動を行うことが需要です。また、私生活の中で大きくストレスを感じる要因が明確なのであれば、生活環境の整備を行うことも必要となります。

 

逆流性食道炎でお悩みの方は当院へ

逆流性食道炎は正しい治療を行うことで症状を改善することが可能です。できる限り早い段階で治療に取り組むことができるよう、症状に心当たりがあればすぐに病院で胃カメラ検査を受けましょう。

胃カメラ検査に対する「苦しい・辛い」といったイメージから、検査を受けることに抵抗を感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、<苦痛の少ない良質な内視鏡検査>を提供することに力を入れて取り組んでいます。検査に不安がある方も、まずは一度当院にてお気軽にご相談下さい。

 

当院の胃カメラ検査

逆流性食道炎であるかどうかを判断するためには、胃カメラ検査が必要不可欠となります。当院では胃カメラ検査による患者さんの負担をできる限り軽減できるよう、様々な工夫を行っています。胃カメラ検査を受けることを検討されている方は、下記リンクより詳細をご確認下さい。

当院の胃カメラ検査の詳細はコチラ

 

 

予約はコチラ

当院では24時間web予約に対応しています。診察を希望される方は、こちらから予約をお取りいただけますとスムーズに受診をしていただくことが可能です。

診察の予約はコチラ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME