メニュー

胃十二指腸潰瘍

下記症状でお悩みの方は胃十二指腸潰瘍の可能性があります

  • 食後や空腹時に胃が痛くなる
  • みぞおち辺りが痛む
  • 食欲不振である
  • 吐き気、嘔吐が起こる
  • 胃の辺りが張っている感じがする
  • 胃もたれが良く起こる

上記の症状に該当する方は、胃十二指腸潰瘍の可能性があります。上記の症状は日常生活でも起こりうる症状ではありますが、長期的に症状が続いている方は、病院で胃カメラ検査を受けるようにしましょう。

胃十二指腸潰瘍とは

胃十二指腸潰瘍とは、消化酵素である胃酸によって胃や十二指腸の粘膜が傷つけられることで引き起こる疾患です。胃十二指腸潰瘍を放置すると、重症化した場合には胃がん発症の原因となることもあるため、注意が必要です。早期発見・早期治療を行うことが重要であるため、症状を感じた場合には放置せずに病院へ行くことをお勧め致します。

胃十二指腸潰瘍の原因

胃十二指腸潰瘍は胃酸によって粘膜が損傷を受けることで引き起こされますが、消化管の機能が正常な状態であれば胃酸により粘膜が損傷を受けることはありません。粘膜を保護する防御機構に異常が起きていたり、胃酸が過度に分泌されていたりと、防御機構と胃酸のバランスが崩れてしまった際に粘膜が損傷を受けます。

胃酸と防御機構のバランスが崩れる原因としては、下記が挙げられます。

  • ピロリ菌感染
  • 痛み止め(非ステロイド性抗炎症薬)の服用
  • ストレス
  • アルコール
  • 喫煙
  • 暴飲暴食

胃十二指腸潰瘍の検査

胃十二指腸潰瘍の検査では、胃カメラ検査が最も有効な検査方法であると言えます。口または鼻からスコープを挿入し胃内を直接観察することが可能であるため、どのような異常が起きているかを正確に判断することができます。

当院の胃カメラ検査

当院は消化器・内視鏡検査に特化していクリニックとして、患者様に安心して検査を受けて頂けるように様々な工夫を施しております。胃カメラ検査を受けることを検討されている方は、下記より当院の大腸カメラの詳細をご確認下さい。

当院の胃カメラ検査の詳細はコチラ

胃十二指腸潰瘍の治療

胃十二指腸潰瘍の治療では、<薬物療法>が中心となります。胃酸の分泌を抑える薬や、胃の働きを改善する薬を使用します。各患者様の状態に応じて、適切な薬を選択します。
ピロリ菌に感染していることが認められた際には、ピロリ菌の除菌治療も行います。

胃十二指腸潰瘍の疑いがある方は当院へ

当院は消化器・内視鏡に特化したクリニックとして、消化器症状の外来診察にも力を入れて取り組んでおります。上述のように、胃十二指腸潰瘍を放置すると胃がんの発症に繋がる可能性があります。放置することは危険であるため、症状に心当たりのある方は当院にてお気軽にご相談下さい。

予約はコチラ

当院では24時間web予約に対応しています。診察を希望される方は、こちらから予約をお取りいただけますとスムーズに受診をしていただくことが可能です。

診察の予約はコチラ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME