メニュー

胃カメラ・大腸カメラ検査について(内視鏡検査)

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)はなぜ大事なのか?

 

胃がん・大腸がんは日本人に特に多いがんですが、いずれも初期では自覚症状が出にくいのが特徴です。そのためがんが進行した状態で発見されることも多いです。これらのがんは治療できない病気だとあきらめていませんか?胃がん・大腸がんでも早期がんなら約9割の方が完治できます。つまり初期の段階でがんを発見することが、胃がん・大腸がんの治療へと繋がります。

 

胃がん検診ではこれまで広くバリウム検査が行われてきました。しかしバリウム検査では、早期胃がんにみられる病変部のわずかな隆起やくぼみ、色調の違いを判断することが難しくそのことが問題視されています。一方内視鏡検査ではバリウム検査で検知できない早期胃がんのわずかな異常も見つけることが可能であり、近年複数の臨床研究結果から「胃内視鏡検査は胃がんによる死亡率を減少させる効果がある」と判断され、現在対策型・任意型検診にバリウム検査の他に胃内視鏡検査も推奨されています。

 

大腸がんにおいては、その簡便性と安全性から便潜血検査が強く推奨されていますが、偽陰性(大腸がんがあるにも関わらず陰性になること)の方がある一定の割合で存在します。その点内視鏡検査は直接大腸の中を確認できるため、出血の原因になっている病変だけでなく、出血しにくいとされる平坦な病変やごく早期の大腸がんを発見することができます。また大腸がんのほとんどはポリープ(腺腫)が悪性化・癌化したものです。つまり前癌病変である大腸ポリープを内視鏡的に切除することによって、大腸がんの発症も予防可能となります。

 

このようにがんの早期発見には内視鏡検査は外せないものとなっています。

 

胃カメラを受けて頂きたい方

  • 胸やけや酸っぱいものがこみ上げる、のどのつかえ感のある方
  • お酒を飲むとすぐに顔が赤くなる方
  • 胃のあたりの不快感や痛む方
  • 貧血や黒っぽい便がでる方
  • 食欲不振や急激な体重減少のある方
  • 家族にピロリ菌感染者がいる、または過去にピロリ菌の除菌歴のある方
  • 食道がんや胃がんになった家族のいる方
  • 人間ドックや検診のバリウム検査などで要精査といわれた方

大腸カメラを受けて頂きたい方

  • 便に血が混じったり肛門から出血したことのある方
  • 便秘や下痢の症状がある方
  • 便が細くなったり出にくくなった方
  • 腹痛や腹部が張るような方
  • 貧血のある方
  • 急激な体重減少のある方
  • 大腸癌になった家族のいる方
  • 人間ドックや検診の便潜血検査や大腸CTなどで要精査といわれた方
  • 過去に大腸がんや大腸ポリープの治療歴のある方

 

内視鏡検査は苦しくてつらいものと避けていませんか?

当院では日本消化器内視鏡学会専門医が検査・治療を担当するのはもちろん、細径内視鏡や希望に応じて鎮静剤を使用するなど、安全かつ苦痛の少ない検査を心がけています。

当院では大学病院・総合病院と同等のOLYMPUS社製の最新式内視鏡システム(EVIS LUCERA ELITE)を導入し検査を行っております。

ハイビジョン技術が導入されて以来、飛躍的に鮮明な内視鏡画像が得られるようになりました。最近では白色光だけでなく「特殊光」が開発されており、その中の一つにNBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光法)という粘膜内の血管をより鮮明にする技術があります。がんの増殖には血管からの栄養補給を必要とするため、病変の近くの粘膜には多くの血管が集まりやすくなると考えられています。そこで粘膜内の血管などをより観察しやすくするために、血液中のヘモグロビンが吸収しやすい特殊な光を照らして画面に表示するのがNBIです。

NBIでは毛細血管の集まりやそのパターンなどが鮮明に表示されるため、白色光での観察では見えにくかったがんを指摘できると期待されています。


胃カメラは超小型CCDによって従来の画像を上回る高精細画像を実現しながらも、先端部外径5.4mmという鼻からの挿入も可能な極細径経鼻・経口内視鏡を採用しています。経鼻内視鏡はスコープが舌のつけ根に触れずに胃まで到達するため苦痛が少なく、吐き気も起きにくいというメリットがあります。


大腸カメラに関してもハイビジョン対応の高画質と拡大倍率110倍の光学ズーム機能を搭載し微細な血管や粘膜の凹凸までリアルに再現できるだけでなく、最新のNBIとの組み合わせによりさらに詳細な観察・診断が可能となっています。また従来の大腸カメラでは観察できる視野角は140°でしたが、新しい大腸カメラでは170°の広視野角を実現しているため粘膜に隠れた病変の発見に威力を発揮します。

くわえて当院では安全かつ苦痛の少ない検査を心がけている点から細径大腸内視鏡を採用しておりますが、この内視鏡にも「受動湾曲」「高伝達挿入部」「硬度可変」というOLYMPUS社独自の3つの高度な内視鏡技術が搭載されているため高い挿入性と挿入時の苦痛低減の両立が可能となっております。


周辺機器でも内視鏡用炭酸ガス送気装置(UCR)を導入しています。これは空気の代わりに炭酸ガスを注入する装置です。外科領域においては腹腔鏡手術で以前から使用されておりその安全性と有効性については実証済みです。

炭酸ガスは通常の空気に比べて腸管内で速やかに吸収される特性(空気のおよそ200倍)をもっているため、検査終了後の「おなかの張り」や「違和感」を大幅に軽減することができます。


胃カメラの流れ

検査前日

前日の夕食は消化の良いものにして頂き、夜9時までに済ませて下さい。水・お茶は寝る前まで結構です。
常用の内服薬については医師の指示に従って下さい。

 

来院・受付

                                                

当日朝食をとらずに来院・受付して下さい。 

 

中待合

                                                     

リラックスして検査を受けていただけるように内視鏡室専用の中待合室を設けました。こちらでゆっくりお待ち下さい。この後口からの場合はのどの、鼻からの場合は鼻の麻酔を行います。

 

内視鏡室

                                                

当院の上部内視鏡は高画質でありながら直径約5ミリと極細径ですので、楽に検査を受けていただくことができます。ご希望の方は鎮静剤で眠ったまま検査を受けていただくことが可能です。また検査の際の送気に炭酸ガスを使用しているため、検査中や検査後のお腹の張りや違和感が軽く済みます。

 

診察室

                                                

画像を見ながら、検査結果説明を致します。

大腸カメラの流れ

検査前日

前日の夕食は消化の良いものにして頂き、夜9時までに済ませて下さい。水・お茶は寝る前まで結構です。
寝る前に所定の下剤を飲んで下さい。
常用の内服薬については医師の指示に従って下さい。

 

来院・受付

                                                

クリニックで下剤を飲まれる方は当日朝食を摂らずに来院して下さい。
水・お茶は朝9時までとって頂いて結構です。
ご自宅で下剤を飲まれる方は所定の時間に飲み始めて頂き、指示された時間に来院して下さい。

 

更衣室

検査着に着替えて頂きます。ロッカールームをご利用下さい。

 

中待合

                                                    

個室仕様の内視鏡専用の中待合室でくつろぎながら、検査をお待ちいただけます。院内で下剤を飲まれる方も、こちらでリラックスして下剤を服用して頂きます。また内視鏡待合専用のトイレ、パウダーコーナーをご用意しております。

 

内視鏡室

                                                

便の状態を確認させて頂いた後、検査を行います。ご希望の方は鎮静剤で眠ったまま検査を受けていただくことも可能です。当院では送気に炭酸ガスを使用しているため、お腹の張りや違和感を軽くすることができます。

 

リカバリールーム

                                                

鎮静剤を使用された方は麻酔が切れるまで1時間程度お休み頂きます。
当院では検査室からベッドに横になったまま移動できるため、負担が軽く済みます。

 

診察室

                                                

画像を見ながら、検査結果説明を致します。

 

鎮静剤希望の方

当院では鎮静剤を希望された方には検査終了後にリカバリールームで1〜2時間ほど休んで頂きます。
また検査当日は自転車や自動車の運転はできません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME