メニュー

胃もたれ

胃もたれとはどういう症状?

「胃もたれ」とは、食べ物が何らかの影響により消化が遅く、胃に食べ物が残留し続ける状態で起こる不快な症状のことを差します。普段から起きやすい症状の為、馴染み深い症状と言えます。
胃もたれの感じ方も、人によって違いがあり、例えば

  • 胃がずっしりする
  • お腹が苦しい
  • 消化不良を起こしている気がする
  • 胃が張っている
  • 吐き気がある

というような感じ方も「胃もたれ」と表現します。医師の問診に対しては、「胃もたれ」というだけではなく、上記のような感覚まで伝えると正確に状態が伝わります。

胃もたれしてしまう原因

胃もたれの原因には、大きく分類して下記の4点がよく挙げられます。

①ストレス

他の症状(下痢・便秘など)の原因としてもよく挙げられるもので、自律神経のバランスを崩す原因になります。自律神経のバランスが崩れると、胃の働きが低下してしてしまい、胃液の分泌量が減り食べ物を上手く消化できなくなります。また食べ物を胃から大腸へ送り出す蠕動運動が弱くなり食べ物が胃に残留することで、胃もたれを感じることになります。

②暴飲暴食偏食

揚げ物や、脂っこいお肉などは、消化に時間がかかるため胃に負担をかけてしまいます。また、食事の時間が毎日不規則であったり、偏った食生活を送っているとそれも胃に負担をかけることに繋がり、胃もたれを起こしてしまいます。

③加齢

ストレスと同様に加齢は胃の働きを低下させてしまいます。その結果胃もたれが発生します。

④消化器疾患

後述する疾患に罹患していることが原因で胃もたれが引き起こされている場合もあります。したがって、よくある胃もたれだからといって長らく放置しておくことは非常に危険な行為でもあります。

 

胃もたれを引き起こす消化器疾患

胃もたれを引き起こすのは下記のような疾患が候補として挙げられます。

  • 胃がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 機能性ディスペプシア
  • 慢性胃炎(症候性胃炎)
  • ヘリコバクターピロリ感染
胃がん

上記のうち「胃がん」は最も警戒しなければならない疾患です。胃がんは大腸がんと並び、がん疾患の中でも最も患者様の数が多いのが現状です。放っておけば間違いなく命に関わることになる疾患です。「胃がん」の症状が進むと

  • 胃の働きの低下
  • 食物が胃から出ることをせき止めてしまう

といった影響があるため、食物が胃に残った結果「胃もたれ」を感じます。ですが、「胃がん」が原因で、「胃もたれ」が発生している場合、それは進行した「胃がん」の症状に該当いたします。早期の胃がんで「胃もたれ」は発生しないためです。

※胃がんのページはこちら

 

ヘリコバクター・ピロリ感染

続いて重要なのは、「ヘリコバクター・ピロリ感染」です。ピロリ菌の感染ということで、感染が確認された場合は除菌治療が必要になります。除菌後に「胃もたれ」の症状が改善する方もいらっしゃいます。またピロリ菌も胃がんに繋がるため、早期の対処が必要です。

※ピロリ菌のページはこちら

 

機能性ディスペプシア

もう一つ注意しておきたいのは、「機能性ディスペプシア」です。症状の直接的な疾患(上記の胃がんやピロリ菌など)が確認できないにも関わらず、「胃もたれ」や「胸やけ」といったような症状が起きる病気です。機能性ディスペプシアでは

  • 内臓が何らかの反応に対して過敏になっている
  • 胃から大腸へ送る排泄機能が低下している
  • 食事を摂ると胃が自動的に広がる機能(適性弛緩)が異常を起こしている

などが起きていると一般的には言われています。

※機能性ディスペプシアのページはこちら

 

当院の内視鏡検査

上記の原因にもあるように、単なる不摂生な生活が原因ではなく消化器疾患が原因で「胃もたれ」を起こしてしまっている可能性もあり得ます。症状が不自然に継続している状態を「胃もたれなんて問題ない」「いつものことだ」と放置することは命に関わる危険な行為です。

「胃もたれ」が慢性的に続く場合には、専門医による内視鏡検査を受けて、適切な治療方法を検討しましょう。

当院は、消化器・内視鏡専門の医療機関として、患者様皆様に内視鏡検査を安心安全快適に受けていただけるよう日々対策しております。内視鏡検査の詳細をまずはご覧ください。

<当院の内視鏡検査>

 

胃もたれの治療方法 

①食生活の改善

食生活の改善ポイントは

  • 食べ過ぎず、腹八分目程度でおさえる
  • 就寝の直前3時間ほど前には食事を終える
  • 脂っこいものや糖質の高いものを控える
  • 食物繊維を意識的に多く摂取する

です。いますぐ簡単に取り組めることばかりなため、まずはここから初めてみましょう

②生活習慣の改善

生活習慣の改善ポイントは

  • 適度な運動
  • 睡眠時間の確保
  • 体温低下の防止
    です。運動習慣は、胃腸の働きの活性化にとても効果的です。階段を使う、一駅分歩くなど日々の生活の中に少しでも運動を取り入れてみましょう。

体温低下防止には、入浴時に湯船にしっかりと浸かることが大切です。

 

上記のような改善を行っても、変わらず「胃もたれ」してしまう場合には、疾患の有無を確認するためにまずは内視鏡検査を受けましょう。発見された疾患や病気によって、治療方法は変わってきます。
例えば「胃がん」の場合、薬物での治療を早期に始めて行く必要があります。(詳しくは胃がんのページをご覧ください気を付けなければならないことは市販の胃腸薬で、症状が一時的に和らぐことです。症状が緩和するため治ったと錯覚し、着実にがんは進行しているのにも関わらず、発見が遅れることがあります。そういったケースを防ぐために、内視鏡検査にて直接観察し、原因を特定します。その後適切な薬を処方し治療に入ります。同時に食生活を含めた生活習慣の見直しも行って改善を目指します。

 

当院の消化器専門外来へお越しください

安藤内科おなかクリニックは消化器専門外来を実施しており、胃もたれで悩まれている患者様の診察・治療を行っています。胃もたれを引き起こしている原因を、診察や検査により確実に特定し、治療を施します。ちょっとした日頃の消化器のお悩みなど、どんな些細な内容でもまずはご相談ください。

 

 

予約はコチラ

当院では24時間web予約に対応しています。診察を希望される方は、こちらから予約をお取りいただけますとスムーズに受診をしていただくことが可能です。

診察の予約はコチラ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME