メニュー

胃がん

胃がんとは

胃がんは日本人に特に多いとされる癌で、以前は癌による死亡原因の第一位でした。最近こそ検診やピロリ菌除菌の普及によっ第三位となっていますが、胃がんになる方の数(罹患数)は人口高齢化の影響で急激な増加傾向にあります。

また、これまではピロリ菌感染由来の胃がんがほとんどでしたが、今後は『食道胃接合部癌』や『ピロリ菌未感染/除菌後胃がん』といったがんが増えていくことが予想されます。

これらの胃がんは早期では病変部の凹凸や色の違いとして認識される事が多いため、その発見には検診などのバリウムだけではなく、内視鏡検査を定期的に受けることが大切です。当院ではそういった微細な血管や粘膜の表面もリアルに再現できる、高画質ハイビジョンを搭載した内視鏡システムを採用しております。

胃がんの原因

胃がんのリスク因子には、下記が挙げられます。

  • ピロリ菌
  • 塩分過多
  • 野菜や果物不足
  • 飲酒習慣
  • 喫煙
  • ストレス
  • 過労

これらに複数該当する方は、胃がん発症の恐れがあります。「自分は大丈夫だろう」と安易な考えを持つのではなく、将来の自分の健康を守るためにも生活習慣を改善することが大切です。

当院の胃カメラ検査

胃がんは、早期発見・早期治療を行うことが非常に重要です。自分が胃がんになっているかどうかを正確に判断するためには、定期的な検診の受診が必要となります。

当院では胃カメラ検査による患者さんの負担をできる限り軽減できるよう、様々な工夫を行っています。胃カメラ検査を受けることを検討されている方は、下記リンクより詳細をご確認下さい。

当院の胃カメラ検査の詳細はコチラ

予約はコチラ

当院では24時間web予約に対応しています。診察を希望される方は、こちらから予約をお取りいただけますとスムーズに受診をしていただくことが可能です。

診察の予約はコチラ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME