メニュー

大腸カメラ検査

大腸カメラ検査の対象となる方

下記のような症状がある方は、必ず大腸カメラ検査を受けましょう。

  • 便に血が混じったり肛門から出血したことのある方
  • 便秘や下痢の症状がある方
  • 便が細くなったり出にくくなった方
  • 腹痛や腹部が張るような方
  • 貧血のある方
  • 急激な体重減少のある方
  • 大腸癌になった家族のいる方
  • 人間ドックや検診の便潜血検査や大腸CTなどで要精査といわれた方
  • 過去に大腸がんや大腸ポリープの治療歴のある方

上記に該当する場合には、腸何らかの疾患が潜んでいる可能性があります。如何なる病気においても早期発見が非常に重要です。心当たりのある方は大腸カメラ検査を受けることをおすすめ致します。

大腸カメラ検査とは

大腸カメラ検査とは、肛門からスコープ(内視鏡)を挿入し、大腸の中を直接観察する検査です。大腸のどこに異常があり、どのような状態になっているのかを正確に把握することが可能です。

昨今では比較的年齢が若い方でも「大腸がん」を発症するケースが増えてきています。健康で健やかな生活を送るためにも、大腸カメラ検査を定期的に受けるようにしましょう。

当院の大腸カメラ検査の特徴

①鎮静剤を使用して検査が可能

当院の大腸カメラ検査では鎮静剤を使用致します。鎮静剤を使用することによって、ほぼ眠った状態で検査を受けることが可能であるため、楽に検査を受けて頂けます。「大腸カメラ検査を受けたいけど、怖くて勇気が出ない」という方は、ぜひ当院にて鎮静剤を使用して検査をお受け下さい。

②院内で下剤が飲める

大腸カメラ検査を受けるためには、腸内を綺麗にするために下剤の服用が必須です。一度大腸カメラ検査を受けた方にとって、この下剤の急激な便意は不安要素の一つであると思います。

当院では院内で下剤を服用して頂けるため、看護師や医師が傍にいるという安心な環境で前処置を行うことが可能です。「下剤を飲んでから来院するのが不安・・・」という方は、ぜひ一度お気軽にご相談下さい。

③内視鏡専門医が全例対応

当院の胃カメラ検査は、日本消化器内視鏡学会専門医である院長が全例対応します。正しい知識と高い技術で、できる限り患者様に安心・安全な検査をお届けできるよう善処しております。

④最新機器を完備

当院では大学病院・総合病院と同等のOLYMPUS社製の最新式内視鏡システム(EVIS LUCERA ELITE)を導入し検査を行っております。
ハイビジョン技術が導入されて以来、飛躍的に鮮明な内視鏡画像が得られるようになりました。

最近では白色光だけでなく「特殊光」が開発されており、その中の一つにNBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光法)という粘膜内の血管をより鮮明にする技術があります。がんの増殖には血管からの栄養補給を必要とするため、病変の近くの粘膜には多くの血管が集まりやすくなると考えられています。

そこで粘膜内の血管などをより観察しやすくするために、血液中のヘモグロビンが吸収しやすい特殊な光を照らして画面に表示するのがNBIです。

NBIでは毛細血管の集まりやそのパターンなどが鮮明に表示されるため、白色光での観察では見えにくかったがんを指摘できると期待されています。

⑤日帰りポリープ切除が可能

「仕事が忙しくて休みが取れない」、「育児があるため家を留守にするわけにはいかない」、このような事情がある方にも積極的に検査を受けて頂くことができるよう、当院では日帰りでポリープ切除が可能です。入院をする必要もないため、お忙しい方にとっても安心してポリープ切除を受けて頂けます。

大腸カメラ検査の流れ

検査前日

前日の夕食は消化の良いものにして頂き、夜9時までに済ませて下さい。水・お茶は寝る前まで結構です。
寝る前に所定の下剤を飲んで下さい。
常用の内服薬については医師の指示に従って下さい。

来院・受付

                                                

クリニックで下剤を飲まれる方は当日朝食を摂らずに来院して下さい。
水・お茶は朝9時までとって頂いて結構です。
ご自宅で下剤を飲まれる方は所定の時間に飲み始めて頂き、指示された時間に来院して下さい。

更衣室

検査着に着替えて頂きます。ロッカールームをご利用下さい。

中待合

                                                    

個室仕様の内視鏡専用の中待合室でくつろぎながら、検査をお待ちいただけます。院内で下剤を飲まれる方も、こちらでリラックスして下剤を服用して頂きます。また内視鏡待合専用のトイレ、パウダーコーナーをご用意しております。

内視鏡室

                                                

便の状態を確認させて頂いた後、検査を行います。ご希望の方は鎮静剤で眠ったまま検査を受けていただくことも可能です。当院では送気に炭酸ガスを使用しているため、お腹の張りや違和感を軽くすることができます。

リカバリールーム

                                                

鎮静剤を使用された方は麻酔が切れるまで1時間程度お休み頂きます。
当院では検査室からベッドに横になったまま移動できるため、負担が軽く済みます。

診察室

                                                

画像を見ながら、検査結果説明を致します。

 

大腸カメラ検査の費用

検査内容 1割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 2500円程度 6000円〜7000円程度
大腸カメラ検査+病理組織検査 3000円〜4000円程度 15000円〜12000程度
大腸内視鏡ポリープ手術 9000円〜12000円程度 25000円〜30000円程度

※上記金額はあくまでも目安となります。

よくあるご質問

Q.大腸カメラ検査は保険が適応されますか?

A.大腸カメラ検査は基本的には保険適用となります。ただし、当院の医師が大腸カメラ検査を行う必要がないと判断した上で、患者様ご自身の希望により大腸カメラ検査を行った場合には、保険が適応されません。

Q.大腸カメラ検査にはどれくらいの費用が掛かりますか?

A.上記の料金表をご確認下さい。

Q.大腸カメラ検査に掛かる時間はどれくらいですか?

A.観察上、特に問題が無ければ基本的に20分程で終了します。患者様によって個人差があるため時間は前後します。

Q.大腸カメラ検査時に必要な持ち物はありますか?

A,.特に持ち物はありません。

Q.受診当日に大腸カメラ検査を受けることは可能ですか?

A.大腸カメラ検査は事前の処理が必要となるため、受診当日の検査対応は基本的に行っておりません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME