メニュー

便潜血陽性

便潜血検査の重要性

突然ですが、皆様は便潜血検査を受けていらっしゃいますか?

企業に所属をしてお仕事をされていらっしゃる方や、日頃からご自身の健康に配慮されている方は、便潜血検査を受けていらっしゃるかと思います。
ですが、この便潜血検査はまだまだ受診者が少ないというのが現状です。

便潜血検査は、便に血液が混ざっているかどうかをスティックを用いて調べる非常に簡便な検査です。また、現在では簡便でありながらも高い精度で血液を確認することが可能となっています。

便に血液が混ざっているという事は、消化管内で出血が起きている、つまり何らかの異常が発生していることを意味します。便潜血検査で陽性反応が出た方は、必ず病院で精密検査を受けるようにしましょう。

便潜血陽性の危険性

上述のように、便潜血検査で陽性反応が出た場合には、消化管内で何らかの異常が起きていることが予想されます。この際、最も気を付けなければならないのが大腸がんです。

大腸がんは発症初期ではほとんど症状が現れないことが多く、出血が認められた場合には進行がんになってしまっているケースも考えられます。

大腸がんは高齢者がなる病気というイメージが世間では強いですが、現在では若年層での発症も増加しているため注意が必要です。

大腸がんは、とにかく早期発見・早期治療が重要です。いち早く治療を行うことができるかどうかが生存率に大きく関係してくるため、便潜血検査で陽性反応が出た方は必ず大腸カメラ検査を受けましょう。

また、大腸がんでは無かったとしても、便潜血陽性結果から潰瘍性大腸炎クローン病といった、厚生労働省から難病指定されている疾患を発症していることも予想されます。これらの疾患は完治が難しく、放置をすれば悪化していくため、適切な治療が必要不可欠な病気です。

「自分に限って病気にはならないだろう」、「どうせ異常はないだろう」といった安易な考え方は危険です。便潜血陽性反応は、言わば体の異変を知らせるサインでもあるため、病院で精密検査を受けることを強くお勧め致します。

当院の大腸カメラ検査

便潜血陽性結果を受けながらも、大腸カメラ検査を受けることに不安を感じ、検査を先延ばしにしてしまっている方も多くいらっしゃるかと思います。

当院は消化器・内視鏡検査に特化しているクリニックとして、患者様に安心して検査を受けて頂けるように様々な工夫を施しております。

大腸カメラ検査を受けることを検討されている方は、下記より当院の大腸カメラの詳細をご確認下さい。

当院の大腸カメラ検査の詳細はコチラ

予約はコチラ

当院では24時間web予約に対応しています。診察を希望される方は、こちらから予約をお取りいただけますとスムーズに受診をしていただくことが可能です。

診察の予約はコチラ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME