メニュー

ヘリコバクターピロリ菌感染症

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)感染症とは

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは、ピロリ菌はウレアーゼという酵素をもち、自分の周りの胃酸を中和して胃の中に住む細菌です。

60歳代以上の方の7割以上に感染していると言われており、ピロリ菌感染により胃・十二指腸潰瘍、胃がん、胃過形成性ポリープなどを引き起こすと言われています。

もしピロリ菌感染が確認されたとしても内服(3種類の飲み薬を1週間服用)で簡単に治療する事ができるため、特に当該世代の方には是非検査をお勧めします。

ピロリ菌感染症の症状

ピロリ菌に感染していたとしても、直接的に症状が現れる訳ではありません。ピロリ菌感染によって、胃十二指腸潰瘍、胃がんなどを発症することによって、腹痛・嘔吐・腹部膨満感・食欲不振・体重減少などの症状が現れます。

これらの症状が現れる前にピロリ菌感染の有無を検査することが重要であり、感染が確認された場合には、ピロリ菌の除菌治療を行う必要があります。

ピロリ菌感染有無の検査方法

ピロリ菌感染有無の検査では、まずは胃カメラ検査にて胃十二指腸潰瘍・胃がん・慢性胃炎などを発症しているかどうかを調べます。

ピロリ菌感染の有無は内視鏡を用いる方法(迅速ウレアーゼ法・鏡検法)と用いない方法(尿素呼気テスト・血中抗体価・便中抗原法)があり、適切な方法を選択して検査を行います。

当院の胃カメラ検査

当院は消化器・内視鏡検査に特化していクリニックとして、患者様に安心して検査を受けて頂けるように様々な工夫を施しております。胃カメラ検査を受けることを検討されている方は、下記より当院の大腸カメラの詳細をご確認下さい。

当院の胃カメラ検査の詳細はコチラ

ピロリ菌の除菌方法

ピロリ菌の除菌方法は2段階に分かれます。1段階目で適切に除菌を行うことができなかった場合に2段階目に移ります。

<1次除菌>

1次除菌では、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬(PPI)と2種類の抗生剤(クラリスロマイシン・アモキシシリン)を1日2回、7日間継続して服用します。1次除菌での除菌成功率は70~90%と考えられています。

<2次除菌>

2次除菌では、1次除菌で使用する抗生剤・クラリスロマイシンをメトロニダゾールに変更します。2次除菌でも1次除菌と同様に1日2回。7日間継続して服用します。2次除菌までを含めた合計の除菌成功率は、95%程と考えられています。

ピロリ菌感染症の疑いがある方は当院へ

上述のように、ピロリ菌感染は胃がんの発症リスクを高めるため、感染している状態を放置することは危険です。胃カメラ検査を受けたことがない方は、一度自分がピロリ菌に感染しているかどうかを調べることをお勧め致します。ピロリ菌に感染している可能性がある方は、まずは一度当院にてお気軽にご相談下さい。

 

予約はコチラ

当院では24時間web予約に対応しています。診察を希望される方は、こちらから予約をお取りいただけますとスムーズに受診をしていただくことが可能です。

診察の予約はコチラ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME